読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職のつぶやき

気が向いた時に…

無職になって2年経過

どうでもいいけど今イチジク浣腸して踏ん張りながら書いてる。
「無職」になって2年経った。去年は念願のアレを手術したり痔瘻手術・治療したり無職の割には色々あった、と思う。
無職期間が長いとだんだん外に出るのがめんどくさくなってくる。なぜ無職って名乗っているかというと働く意思のない「ニート」ではないと考えていたから。でももうニートに近い。なんか働く気が起きなくなってる。
もうすぐ付き合って7年になる恋人がいるけど、仕事変えたそうだし全て委ねることはできない。(今、私には親の仕送りがあり、彼と同居している)結婚は自分が自立してからしたいと思っていたけどこのままズルズル主婦になる可能性も考えられる。"逃げ恥"みたいに事実婚でも良いんだけど。
というかそもそも人とコミュニケーションして無さすぎて働く以前の問題の気もしている。今の日本現代社会で生きることに向いてないし、外に出て人とすれ違うだけでストレスになる。
少数の幼馴染の友達からも連絡あまり無いし多分自分が神経質になって扱いにくくなったからってのもあるし、みんな仕事で忙しいし職場の人や近場の人との交流で十分なのだと思う。
自分から遊びに誘う気力は、無職1年目時代に比べたら全然あるけど何だかんだで出来てない。
昨日もスーツ姿の集団が新入社員らしき人らを引き連れて歩いているのを見てなんだか怖かった。
自分は何に向いているのかよく分からないし、なんで取り残されちゃったんだろうって感じ。
本当は引きこもるタイプじゃないのは分かってるけど、なんかこうなっちゃった。1人で過ごすことに慣れ過ぎた。
もうただの愚痴だけど、未来のこと考えると本当めんどくせぇ。日本現代社会マジで自分に合ってない。幼い頃東南アジアで暮らしたからリゾート脳みたいになったのかな。でも同級生達は帰国子女枠で中学受験してるしその後もそのまま有名な大学入ってるだろうから単純に私自身の問題だわ。
あー何かきっかけがほしい〜。
ずっと便座にいてお尻疲れた。推敲なし。

無職、痔瘻(痔ろう)になる…!⑨ゴム取れてとりあえず終わり

きつめに締められた次の日、朝排便してお尻を風呂場で洗っていたらゴムがないことに気付いた。一日で取れてちょっと感動した。取れたゴムは見たかったけど、多分うんちと一緒に流れていってしまった。取れたんだけど、付いてた時とあまり感覚は変わらなかった。

取れたら早めに来てくださいと言われていたので次の日病院に行った。そしたら執刀してくれた明るい先生だったので心の中で「やっと会えた〜」と喜んだ。(初診と締め直ししてくれた先生は淡々としている)

「やっと取れてすっきりしたでしょ」と言ってくれた。切開した部分の傷口がまだ若干塞がっていなかったので「ここ気になるね〜」ってカメラをグイグイ押し付けてきて地味に痒くて痛かった。

「今まで出してなかったんだけどすごく効く薬があるからそれ出しておくねーなんで出してなかったかというと固くて泥みたいなやつですっごい塗りづらいの」と出されたのがこれだった。確かに固くて出すのが大変で色もオレンジ色のうんちみたいだった(笑)ガーゼに塗って患部に押し当てて使った。火傷などにも使われるらしい。時間が経つと乾いてボロボロ落ちてくるしイソジンのにおいがした。

f:id:ame_lia:20170131144918j:plain

(スクロードパスタ 精製白糖・ポビドンヨード軟膏)

 

次回は1ヶ月後に診察する予定だったから再発しないようにするにはどうしたらいいかと聞いたら「下痢をしない」と言っていた。力を入れすぎるとかよりも下痢をしないことが一番らしい。自分は便秘やお腹が張っている時イチジク浣腸をよくしていたので、それが原因なのかとも尋ねたらそれは原因ではないし今後もやっても問題ないと言われた。

痔瘻は交通事故みたいなものだし今回できやすい部分にできちゃったからしょうがない」

と言われてかなり驚いた。酒ほぼ飲まないしもタバコもアナルセックスもしたことないこういう人間でもなってしまう痔瘻、不思議。

ともかくゴムも取れたし切開したところの傷も塞がってきてるしほぼ治ってきて良い感じ!内痔核も同時に取って本当に良かったと思う。スッキリした美アナルになれて良かった。

肛門見せたり触診されたりするのは最初は恥ずかしいかもしれないけど、本当早めに行ったほうが楽になれる。ずっと肛門を気にして生活するのってモヤモヤする。ゴム(シートン)の生活も慣れるし、痛みが予想される時は薬出してもらえばいい!ちなみに洗面器にお湯張ってお尻だけ温めると痛みがかなり減るのでおすすめ。

未来の痔瘻患者さんに何か参考になれば良いな。

無職、痔瘻(痔ろう)になる…!⑧

※先週の話だけど当日として投稿します。

この日は4回目の締め直しで来たんだけど

「今日はきつめに締めるから、多分これで取れると思う」

といつもの先生が言ってきて、きつめっていつもより痛いのかな〜と考えて横になってた。

そしたら激痛。もうめちゃくちゃ痛くて汗が出たし「痛いです!!!!痛いです!!!!」って思わず声がでたし体勢が崩れた。手術するときの注射よりも痛かったかもしれない。注射は痛みの範囲が小さいけど、今回のはお尻の中で肉が裂けるような痛みだった。いつもと違って中でゴリゴリ(?)する作業してたと思う。いつもより30秒ぐらい作業が長かった気がする。びっくりしてぐったりしてると先生が「もう痛くない?」と聞いてきて痛くないことに気づいた。前までは締めた後はじんわり痛んでいたけど、終わった後殆ど痛みを感じなかった。本当にびっくりしたしもうこんな目にあいたくないと思った。

病院の後チキン南蛮食べたかったので食べて帰った。

f:id:ame_lia:20170131143311j:plain

無職、痔瘻(痔ろう)になる…!⑦

先週の火曜日3回目の締め直しに行った。
特に書くことがなかったので1週間も過ぎてしまった。今回は超短め。
年末年始を挟んだので、時間が経ってて全然痛くない状態だったので痛み止めも飲まずにいった。
締め直した後からジワーっと痛くなったけど、以前よりは痛くなかった。排卵日も重なっていなかったし大丈夫だった。ゴムが取れたら早めに来てくださいと言われたので、もうそろそろ取れてもいいのかなーって思った。
パックリ開いてた傷はもうほとんど塞がってて、今では1mmほど隙間があるだけ。でも傷全体は指で触ると固くて変な感じがする。次はまた2週間後に締め直し。
ゴムが取れたら外のお風呂に行きたい…!

美容プラージュでカットとカラーしてきた感想

美容院にいきたいけど美容師との会話がだるすぎるのとオプションの営業かけられるのが嫌で最近美容院に行ってなかった。いつもセルフカラーでそのまま風呂も入る派なんだけど、痔瘻だから傷口にカラー剤入ったらやばそうなので店でやってもらいたいってのがあった。そこで、安いチェーン店美容院行ってみれば良いじゃん!と思ってプラージュに行ってみることにした。

自分は10代から若白髪が生えてきて現在は染めないと結構目立つので基本的にサロンドプロのアッシュブラウンで染めていた。このサロンドプロのにおいのない白髪染めシリーズは口コミでも高評価でムラになりそうで全然ならなくて結構良い。(バーコード集めると必ず貰える景品があるんだけど、最低でもいつも2箱は使うからバーコードがたまって景品を3つぐらい手に入れたことがある。)

 

街中ではなく住宅街のプラージュに来た。

店に入ると店員が全員で「いらっしゃいませー!」と居酒屋並みに威勢良く言い、続けて「お荷物ロッカーにいれてシャンプー台へどうぞ」と案内してきた。それでまずシャンプー台に座るとシャンプーしていた店員が「今日どうされますか」と聞いてきて「カラーとカットで」と言おうとしたら、店長らしき90年代引きずったようなギャル男風の40代っぽいおじさんがシャンプーの人に向かって「◯◯さん口動かす前に手うごかしてください」「今日どうされますか?」と続けて私に言ってきたので改めて伝えるとカラーする席に番号で案内された。まずこの時点で店員が客の目の前でこんなあからさまに注意するのかぁと若干居心地の悪さを感じた。

さらに席に着いたら隣の人がカラーリングされてて、そのニオイが隣にいるだけで息苦しくなりそうな目に沁みてくるような刺激臭だった。市販のいつも使ってるニオイの無い白髪染めをやった方が数百倍マシなレベルでもうこの時点で超苦痛で帰りたくなった。今まで美容院でこんなに強い刺激臭は感じたことなかったし、これを頭に塗るのかとかなり不安になった。半分恐怖だった。

今度は、髪がFFのライトニングさんみたいな色した60歳前後ぽいおばさんが来て、カットとカラーの色について聞いてきて、カットから始まった。私の髪型は前髪がある普通のロング。こういう安いチェーン美容院ではあまりデザイン性を期待してなかったので「長さ変えずに毛先整えるだけで、前髪は横に流せるように整えてください」と伝えた。まず後ろ髪を整えられて特に問題はなさそうで安心していた。横の髪がちょろっと切ってしまっていて(多分自分で変に作ってしまったやつ)「これどうされます?下まで繋げますか?」と聞かれそうしてもらうことにした。左側の横髪が下まで繋げられたけどギザギザ感、多分シャギーがなかったので「(うわっこれ大丈夫か…?!)」とかなり焦って汗が出てきた。そして右側も切り終わって「ちょっとすきますか?」と聞かれたので「はい、もうちょっとギザギザに…」と言ったら「じゃあ、すきますね!」とギザギザにしてくれた。これでマシになった。でも段が大きく入ってるのではなく、細かく入った感じなので、流行を捉えてる美容師からしたら変なのではないかと少し不安だった。以前母親とよく行っていた美容院の美容師(アラサー)に横髪作ってほしいと伝えたら「段いれない方が今っぽいんだよー」と言われたことがあった。だから細い段がザザーっと下まであるのはもしや変なのでは?と思った。でもそのうち伸びるしどうせ人と会わないし気にしないことにした…。

そして前髪は右に流したいと言ったけど、「髪の量的に左に流した方がいい」とのことでそのつもりで切ってもらった。そこまで変わらないので特に問題なしと思われた。(しかし最後の段階で問題が発生する)

そしてカラーは暗めの茶色にした。髪が痛むのでトリートメントの追加を勧められた。普通の美容室でも勧められるけど、ここでも勧められるのかとちょっとうんざりした。でも安いし追加しちゃおっかなと思ってどんなのがありますかと聞くと「ご予算どのくらいですか?」と聞かれて「(カットカラートリートメント合計で)5,6千円で…」と言ってみたら、税込7千円ちょっとの提示されてしまい「(おいおい、たけーよ…なんのために安いとこきたんだよ)もう一つ下の値段に下げれますか?」と聞いたら税込6,480円のを提示された。ちょっと悩んだけどこの激臭だしトリートメント付けといた方が良いかもしれないと思ったのでそれにした。そしてこのプラージュでカラーが初めてということで、皮膚にトラブルが起こっても責任は取れませんという同意書にサインしなくてはいけなかった。そこそこ色々な美容院行ってきたけど、まずカラーリングで同意書って出てきたことなかった。この刺激臭だし、よっぽどやばいんだろうと覚悟した。

で、カラーリングしていく前にボールに入ったカラー剤に粉がまぶしてあるのを見せられて「トリートメントのコラーゲン入ってますからねー」と確認させられた。そしてカラーリングが始まり、さっき隣の席から漂ってきたのと同じニオイが顔に直撃してきてつらかった。半分塗り終えた頃には頭が熱くなるような感覚になって早く終われと願うばかりだった。髪がやや長いので薬剤が追加され、また「コラーゲン入れました!」と別の店員にも確認されちょっと可笑しかった。その時に「ヒリヒリしませんか?頭皮が熱くなったりしてませんか?」と聞かれたけど「ちょっと…」と言うしかなく、これで「頭皮が熱いです」と答えたとしても多分耐えるか中止するしかないと思ったから耐えることにした。全部塗り終えたら、また別の席に移動してそこから40分ぐらい待った。(塗り終わった頃には刺激臭は穏やかになっていた。)待っている間が結構長くて水も飲めないし店内は薬剤臭いしLINEで彼に実況するしかやることなかった。

かなり置かれたなーと思ってやっとシャンプーに案内されて、注意されていたおどおどした店員ではなく店長ぽい注意してた店長がシャンプーしてくれた。洗い方が結構力強くて「(これだったらおどおど店員のが良かったかな…でもどっちもどっちかな…)」と思ったりしてた。シャンプーしてる最中も「いらっしゃいませ〜荷物ロッカーに(略)」「◯◯さん◯番いって」とずっと喋って指示していた。この上司の人も大変なんだろうけど本当居酒屋みたいでせわしなかった。回転率重視なんだと荒めのシャンプーされながら改めて実感した。シャンプーの後はトリートメントされたんだけど2回してもらった。あのコラーゲンの粉だけはなかったみたいで良かった。

トリートメントが終わって同じ店員がドライヤーで乾かすんだけど「分け目どこらへんですか?」尋ねられて「真ん中よりやや左側なんですけど、さっき髪の量の関係でいつもと反対に流しやすいようカットされたので、分け目変えたほうが良いですかね?」と聞き、試しに分け目を反対にもってきてら、髪の生え方が逆だからそのままの分け目に沿って流したほうが良かったと言われた。「(えー⁉︎)あぁ…そうなんですか、じゃあ分け目さっきので(苦笑)」ってことで乾かされた。シャンプーと同じく乾かし方も荒かった。乾かすのが最終段階に入った頃カット担当したおばちゃん店員が呼ばれて「髪の流れこっちだから反対に揃えて」と注意されてた。私はもう切られるのが怖かったので切ろうとした時に「あーこのままでも大丈夫ですよ、伸ばしたいので!(苦笑)」と言ったら「あぁ伸ばしたいか、ちょっとすいたほうが流れよくなるけど…」と言ってきたので、「じゃあちょっと」と指でジェスチャーしながら同意した。(腑抜け)そして最後に後ろも改めて調整されて終わった。

会計ではトリートメント代が税別2,000円のやつだった。メンバーズカードも「こちらに色の番号も書いてあるので次回からお持ちください」と言ってきたけどもう二度と行かないと思います…。

 

まとめ

髪の色は見本の色よりも暗かったけど、自分が理想とする色だったので仕上がりは満足だった。だって40分置かれたからね。とにかくカラー剤の刺激が激ヤバなのでオススメしない。皮膚が強かったとしても眼や鼻にくる。店内の案内版?に「カラー剤は世界基準のウエラを使用しています」と載っていたけど、ウエラってあの6週間続くっていう美しいアラフォーらしき人のCMのやつかとイメージしたけどとんでもない刺激だった。団塊世代以上のおばあさんがメイン層だけどこんな刺激あるのに、ばあさんの皮膚大丈夫かよって思った。あと案内版?に「ここは美容室なので角刈り、パンチパーマなどは承っておりません。理容室をご利用ください。」と書いてあったり、店内放送で「プラージュのシャンプーの香りは、ナントカグリーンの香りです。男性にもオススメです。」ってことを定期的にひと昔前のJ-POPの有線放送

の合間に流れてたのが印象的だった。このナントカグリーンの香りは特別良い匂いではなかったし普通の美容室並みの「ほわぁ良い香り〜♡」ってならなかった。店員は、さっき言った90年代チャラ男みたいな店長っぽい人、ライトニングピンクの髪にお団子のおばさん、中年のV系ファンのようなアイライン濃いおばさん、おどおどした店員(40代ぽいけどツーブロック&パーマで1番今風の髪型だった)、職業訓練からきたようなあまり美容師っぽくない雰囲気の若い店員などがいた。圧倒的に店員のオシャレ感はなかった。今までも通りすがりで店自体は見たことがあったので分かっていたことだけど。客層は主におばあさん、おばさんが白髪染めできてて、パパっぽい男性と男子高校生っぽい人はカットのみ、若い女性がアイロンでストレートパーマしてたり、小学生女子がいたり、年末ということもあって99パーセント高齢女性ってわけではなかった。

カットしてくれたおばさん店員は愛想良かったし「綺麗に染まったねー」とか言ってたし不快な印象はなかった。前髪も家で整えたら素人目では特に変ではなかった。痔瘻だったし美容院でやってもらえたのは良かったけど、とにかくカラー剤が、テロレベルで激臭&頭皮が熱くなる だったからとてもじゃないけどオススメできないね。こんな臭いを一日中嗅ぎ続けて店員たちは大丈夫なのだろうか…。皮膚の弱い人、弱くなくても体調が少しでも悪かったら絶対にプラージュで染めるのはやめたほうがいい。サイト見た限り、多分どこのプラージュに行ってもカラー剤は共通だと思う。

指名も一切なし、来店順と書いてあるし、私の前髪のトラブルもあったので、カットもまぁ…こだわらなければいいかもしれないけど私は不安を覚えた…。トリートメントも2,000円税別であれだったら一般的な美容院にクーポン使って行った方が全然良いと思う。(どうでもいいけど、案外おじさんおばさんのベテラン美容師より美容専門学校出てまだ数年みたいな美容師の方が持ってる情報新しそうだと思ってしまったり。)

「縮毛矯正だけ」「ストパーだけ」「臭い我慢してカラーだけ」「ちょっと整えるカットだけ」とかなら良いのかなぁー。でも薬剤の臭いすごいし頭皮は熱くなるし同意書書かされるぐらいだからとにかくオススメできないな…。

失敗を見越してシンプルな要望しか言わなかったし、体験して初めて分かって良かったとは思う。本当疲れた。